検査法について
早期発見、早期治療のためにも、定期的に婦人科検診を受けましょう。
婦人科を受診される際、まずは初歩的な問診や内診を行います。次に、超音波検査や血液検査を行い、詳しく調べます。また、治療が必要な場合、CT検査やMRI検査、腹腔鏡検査などを行い、今後の治療方針を決めていきます。
 
まずは
問診
患者さんの様子や訴え(いつから、どこが、どのように痛むか)、月経、妊娠・出産歴、病歴、薬の服用歴などについて聞いておおよその病気の見当をつけます。
 
内診
膣鏡を膣の中に挿入し、出血が無いか中の様子を診ます。また、触診にて子宮や卵巣の状態を確認します。
 
詳しく調べるために
超音波検査(エコー検査)
超音波をあてることによって、子宮や卵巣の状態を画像化します。膣式と腹式の二通りあります。
 
血液検査
血液を採って、ホルモンのバランスや出血などから生じる貧血が無いか調べます。
 
治療方針を決めるための検査
子宮や卵巣の中の状態を詳しく調べるため、CT検査やMRI検査などの断層画像を撮ります。また、腹腔鏡検査で確定診断を行います。